医師の転職の仕方

医師が転職の仕方を考える

医師としての人生に必ずつきものなのが、数回に渡る転職や、転科です。

同じ病院だけで医師生活を完結させる医師はまずいませんし、どの医師も必ず幾つかの職場環境を経験することになります。

医師の転職にはたくさんの問題がついて回りますが、それらの壁にぶつかった時に参考にしてもらいたいのがこちらのサイトです。

医師の転科なら - 医師転科ナビ

私が診療内科から転科した理由

白衣に身を包んでカルテと睨めっこしては英語で情報を書き込む医師の姿は、多くの人にとって憧れの的ではないでしょうか。

大変な勉強を乗り越えてでも命を救いたいと思う学生たちが就きたい職業の一つですから、当然に仕事内容も熟知していることでしょう。

ところが、ドラマなどの影響から上辺だけを知り曖昧な情報だけを信じて医師を目指す人が後を絶たないです。医師の仕事には、華やかなものばかりではなく地味な作業のものもあります。

もちろん病院によって方針の違いによって全国的に一致すると言えることは多くありませんが、最低限理解しておくべき仕事が存在するのです。結論から言ってしまえば、患者の話をよく聞き最適な治療方法を考え出すことです。

精密検査を伴わない内科の診療だと、患者から聞き取った情報を参考にして判断します。お腹が最も痛いにもかかわらず、喉の不調ばかりを訴える人は意外と多いのです。

待合室で名前を呼ばれているまでの間は、医師に話す内容をしっかりと考えている患者がほとんどです。ところが、診察室に入った途端に緊張して頭が真っ白になる場合があります。

医師を前にして粗相がないようにと考えてしまい、結果として頭の中で整理してきたことから反した内容を伝えてしまうというわけです。そこで医師に求められているのは、患者が言っていることが本心なのか否かを探ることです。たとえば、喉の他にどこか痛い部分はないかについて優しく問いかけるのです。

一方的なアウトプットを信じて診断を下してしまうと、大病を見逃しかねません。会話を大切にする医師は、患者の健康に大きく貢献すると言えます。

心療内科の患者は情緒不安定なために、支離滅裂な説明になってしまいがちです。内科と同様に質問が大切なのですが、機械的に聞きだすのはご法度です。

どうして心を痛めているのか、上手でなくても問題ないから説明してもらうように努めるべきです。心療内科の医師の仕事は、単にカウンセリングと称して聞き取りを行い処方箋を出すだけでは不十分というわけです。患者の悩み事を把握して、根本的な問題を洗い出して解決に至れるアドバイスが必要不可欠です。

外科を訪れる人で怪我をしている場合、痛みを抽象的に説明することが多々あります。この場合の医師の仕事としては、怪我をした背景を聞いたり患者に指差ししてもらい痛みが発生している部分を明らかにするなど話術で曖昧な事柄が皆無になるように頑張ることです。